サウナの生姜焼き定食コレクション 2024(随時更新)

サウナで生姜焼き定食を食べる趣味が本格化してきたので、1年で仕切ってみました。サウナで生姜焼き定食ってのが絶妙な気がしていて、最近できたおしゃれサウナに併設されたレストランには生姜焼き定食はあんまり置いてないし、おっさんサウナでも今にも朽ち果てそうなところはレストランの営業をやめてたりするので、生姜焼き定食が食べられるってのがサウナ適齢期のおっさんになってサウナにハマった自分にベストな施設という感じで。ということで、サウナがある施設に併設されたレストランで生姜焼き定食を食べた記録を淡々と追記していきます。

昨年の記事はこちら

サウナの生姜焼き定食コレクション 2023 - 言いたいことがないんだよ

 

2024/1/6 グランドサウナ広島(広島県

豚生姜焼き定食 880円

 

2024/2/1 天然温泉アーバンクア SPA & LIVING(愛知県)

鉄板生姜焼き定食 950円(2/1~2/29の限定メニュー)

 

2024/2/10(土)キャナル・リゾート(愛知県)

豚生姜焼き定食 1000円

 

2024/2/11(日)サウナセンター(東京都)

豚生姜焼き 600円

定食セット 280円

 

2024/2/17(土)ウェルビー今池(愛知県)

豚ロースの生姜焼き 880円

定食セット(中) 360円

 

2024/2/24(土)グリーンランド 中洲店(福岡県)

生姜焼き定食 900円

 

2024年1月の記録

今年こそは現場めぐりの頻度を落としていくぞと心に決めながら相変わらずのペースで巡っているので、とりあえず淡々と記録していきます。

 

1/1(月)13:00 STU48研究生【僕の太陽】公演〜元日特別公演〜 @ 広島県民文化センター多目的ホール

岡田あずみ・岡村梨央・久留島優果・諸葛望愛・新井梨杏・石原侑奈・井出叶・岩﨑春望・奥田唯菜・梶原未羽・壁島結華・北澤苺・清水りさ子・曽川咲葵・長谷川乃彩・濵田響・藤井里詠・森末妃奈

STU48の元日公演。他の劇場みたいに特別セットリストでなく、書き初め披露があるわけでもなく、通常公演を全メンバーで披露する形式。研究生は通常8人で披露している公演を18人で入れ替わり立ち替わり披露する形式。そして、最後の2曲のBINGO!と僕の太陽は18人で披露。全メンバーが一度に見れるのはお得なんですが、3期生のなかにはパフォーマンスのしっかりした子だけでなく、ついていくのやっとみたいな子もいるんだなと。

お見送りで、特に握手会に行ったこともないメンバーに自分と全く違う名前で呼ばれる出来事が。これについては後日真相が明かされるのです。

 

1/1(月)17:00 STU48【花は誰のもの?】公演〜元日特別公演〜 @ 広島県民文化センター多目的ホール

池田裕楽・石田みなみ・今村美月・岩田陽菜・内海里音・沖侑果・尾崎世里花・甲斐心愛・川又優菜・工藤理子・小島愛子・迫姫華・信濃宙花・鈴木彩夏・高雄さやか・谷口茉妃菜・中村舞・原田清花・兵頭葵・福田朱里・峯吉愛梨沙・宗雪里香・森下舞羽・吉田彩良・立仙百佳・渡辺菜月・久留島優果

夜公演は16人で披露している花誰公演を27人で。清水紗良、石田千穂休演で石田千穂ポジに久留島優果参加というメンバーでした。ユニット曲は通常の公演のユニット曲に加えて日替わりユニット曲を全曲披露して1人1回は出演できるようしたのは、ナイス工夫。最後に7周年ツアーの発表もありました。

 

1/4(木)18:30 SKE48 チームS「愛を君に、愛を僕に」 公演 @ SKE48劇場

赤堀君江・荒野姫楓・石黒友月・井上瑠夏・大谷悠妃・上村亜柚香・北川愛乃・鬼頭未来・坂本真凛・竹内ななみ・中坂美祐・仲村和泉・野村実代・篠原京香・森本くるみ・奥野心羽

SKE48劇場の年初初公演。影アナの冒頭で元日に発生した能登半島地震へのコメントがあり、劇場での募金も開始していました。新年冒頭なのでみんな実家で美味しいものをたくさん食べた話で盛り上がる中、名古屋に来て初めての正月を実家に帰らず過ごしてねぎとろ丼ばかり食べていた奥野心羽さんの話にグッと来た。今年最初のSKE48公演なのでアンコールで特別に「初日」を披露。

 

1/5(金)18:30 NMB48 「なんばらえてぃー」公演 @ NMB48劇場

隅野和奏・龍本弥生・出口結菜・平山真衣・前田令子・松岡さくら・松本海日菜・眞鍋杏樹・西田帆花・吉見純音

なんばらちゃん:板垣心和・二瓶愛美

年末進行でメンバー未定のまま募集されていたなんばら公演になんとなく入ってみる。眞鍋杏樹さんと平山真衣さんのじゅってぃーが仲良さそうにしていたのが印象的。前田令子さんと出口結菜さんがわちゃわちゃしてるところでボソッと面白いこと言う吉見純音さんの今後が楽しみ。あと「小池」の台詞を龍本弥生さんがやってたのがよかったですね。

 

1/7(日)13:00 STU48「花は誰のもの?」公演 @ WAKOゲバントホール
1/7(日)17:00 STU48「花は誰のもの?」公演〜渡辺菜月生誕祭〜 @ WAKOゲバントホール

内海里音・沖侑果・尾崎世里花・川又優菜・小島愛子・迫姫華・信濃宙花・鈴木彩夏・谷口茉妃菜・兵頭葵・原田清花・宗雪里香・渡辺菜月・岡田あずみ・岡村梨央・久留島優果

昼公演は通常の花誰公演。ゲバントホールで花誰公演見るのは随分久しぶりな気がするんですが広島県民文化センターとは同じセットリストでも感覚が全然違うから面白い。距離は近いけどステージが低くて客席が平らだから見づらいのもあるし、客席の空気が淀んで熱がこもる感じがあるのも独特。いろいろあって川又優菜さんが久しぶりの16人公演出演。

昼公演のMCは年初らしく今年やりたいことを話していたんですが、「今年は本格的なクレープを焼きたい」と掴みどころのない目標を掲げた鈴木彩夏さんに真剣なトーンで中身のないアドバイスを延々する谷口茉妃菜さんがよかった。

夜公演は渡辺菜月さんの生誕祭で最初は入る予定もなかったんですが、当日券があったので例によってバルコニーから観覧。本日の主役の話になるのですが、小島愛子さんが「なっちゃんは四国っぽいって言われるけど、流行に敏感なのでチャートリ」って言ってたり、鈴木彩夏さんが「チャートリはなっちゃん以外可愛いけど」の語りだしで客席をザワッとさせてから髪型がかっこいいっていう話に持ち込んだり、2期生のざっくばらんな感じが楽しかったです。

 

1/13(土)18:00 NMB48 TeamM「Mのサイン」公演 @ NMB48劇場

鵜野みずき上西怜・隅野和奏・芳賀礼・早川夢菜・前田令子・眞鍋杏樹・山本望叶・和田海佑・舟橋礼菜

Mのサイン公演は2回目なんですが、今日は選抜多めのメンバーでとにかく強い。照明の演出も凝ってて勢いのある公演だなと。そんな中アンダー出演の舟橋礼菜さんが爆食チートデーで食べたものを延々披露している時間が印象に残ってるし、あの子やばいですね。

 

最終日に滑り込みで見てきました。メンバーがいない現場も有料だったら現場数にカウントしてます。AKB衣装展の異様な物量と密度を経験したあとだと少なく感じたんですがそもそもの衣装の量の差でしかなくて、シングル衣装と公演衣装と卒業ドレスは一通り網羅されててNMBの歴史を辿るのに十分という感じでした。ということで、混雑具合も展示の密度もちょうどよくてすごく見やすかったですね。

展示を見進めていくと、ここ天公演の映像が流れるテレビの前で立ち止まって話している女性3人組がよくよく見るとOGの日下このみさんと上枝恵美加さんと林萌々香さんでした。という感じで現役メンバーとOGメンバーが入れ代わり立ち代わりやってくる展示会だったりもしました。

 

1/14(日)『NMB48 衣装図鑑 踊る衣装たち』発売記念イベント @ TSUTAYA EBISUBASHI 4階

平山真衣・前田令子・和田海佑

衣装図鑑のお渡し会イベント。3人並んでてなんとなく誰推しかメンバーが察してお渡しする感じだったんですが、自分がレーンに入ると、この人たまに公演にいるけど誰なんだろうね?みたいな妙な感じになったあとに少し間があって真ん中の平山真衣さんから「じゃあ、あげます」とお渡しされました。

 

1/14(日)15:00 SKE48 プリマステラ「世界ぷりまちゃんず計画 〜大人だけどぷりちぃだもん!〜編」 @ 梅田クラブクアトロ

坂本真凛、末永桜花、浅井裕華、上村亜柚香、水野愛理、岡本彩夏

東京・大阪・広島・名古屋を巡るツアー。

公演前に水野愛理さんからアナウンスがあって賛否両論あった「雨のち奇跡的に晴れ」でのガチ恋口上ですが、1曲目だったのもあってそこはあんまり上手く行ってなかったような気が。とはいえライブの内容はSKEの曲だけでなくAKBのいい曲なんかも多く、大阪開催とのことでNMBのワロタピーポーもあったりして盛り上がりました。プリマステラさんはパフォーマンスはアゲアゲだし、MCでも配信無しモードで全員が身を削って盛り上げててやっぱり楽しいんですが、身を削りすぎでMCの内容をSNS上に書くのがはばかられて伝えられないのがもどかしいところ。

自己紹介MCで坂本真凛さんが「同期の大阪出身の仲村和泉がマクド(↓↑↓)、ユニバ(↓↑↓)、ってよく言ってるので『プリマ(↓↑↓)ええやん』って言ってもらえるように」って言ってたので、お見送りは「プリマ(↓↑↓)ええやん」で通しました。プリマええやん。

 

1/20(土)STU48 10thシングル「君は何を後悔するのか?」劇場盤発売記念 直接会ってお話しができる!「個別お話し会」&「2ショット写真会」@ インテックス大阪 1号館

最近続いていた知らない他人の名前で呼ばれる謎を突き止めに、推し増しでキーになりそうなメンバーを回ることに。

去年のキャナルシティのイベントで間違えてきた工藤理子さんには「たーさん」と呼ばれ否定されても「そんなわけないよ、たーさんだよ」と押し通される。その後、3期生の藤井里詠さんに「Twitterで見ましたよ」と言われたのに糸口を見出してそのあと2枚使って聞いたところ、12月の写真会でメンバーに足を組ませてふとももを強調した写真でバズっていたヲタクに間違えられていたらしく、否定してもなぜか信じてもらえずで。それに気づくと最近の他のメンバーのお見送りでの色めき立ち方にも納得がいってアイデンティティ・クライシスに陥る。最後になぜかヲタク時代から私の名前を知っていたらしく乗る前から呼んできた尾崎世里花さんに「そんさん!」と呼ばれて少し落ち着いて会場をあとに。

アイドルの皆さん、ヲタクを認知するのが必須みたいな時代になって、謎のヲタクのアカウントを特定してカマかけるのも営業活動なんでしょうが、もうちょっと確度を上げてからやったほうがいいと思いますよ。ということで1月で結構STU現場入ったし、この調子だと現場に行くのやめようかな、という感じで。

 

1/20(土)18:00 NMB48 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演 @ NMB48劇場

板垣心和・衣笠彩実・阪本玲央・渋谷紗雪・田中美空・西由真・西島梨央・西田帆花・舟橋礼菜・吉見純音

何人か昇格したあとの9期研究生公演は色々煮詰まっていて面白くなっているんじゃないかという気がしてます。M公演でただひたすらへんなMCをしていた舟橋礼菜さんのダンスが凄くて見直したのと、西島梨央さんが静岡いじりに可愛く怒ってたのが良かったです。この日に初めて見た阪本玲央さんは後半のカモネギックスのところでなんの説明もなくいなくなってたのは、どうやら体力の問題だったらしいんですが、実際のところなんだったんだろう。

 

1/21(日)15:00 SKE48 プリマステラ「世界ぷりまちゃんず計画 〜大人だけどぷりちぃだもん!〜編」@ NAGOYA ReNY limited

坂本真凛、浅井裕華、水野愛理 (末永桜花、上村亜柚香、岡本彩夏休演)

東京・大阪・広島を巡ったツアーの最終日の名古屋2日4公演だけど、メンバーの半分が体調不良で休演する非常事態。それでも開催されるとのことで、題してプリマステラ1/2。希望者にはチケットの返金もあったんですが、当日券もありつつ8割ぐらいは埋まってた気がするので、グループとしての箱推しもできている理想的な状態だし、それを信じてこその1/2で開催するってなったんだろうなという。

MCコーナーではマネージャーの携帯からメンバーに電話かける企画をやってたんですが、プリマがライバル視しているカミフレのリーダーの野村実代さんに「ぶっちゃけプリマのことどう思ってる?」と聞いたら素っ気なく「どうも思ってない」って答えたのが最高でした。そのあと関係者席にいる菅原茉椰さんに電話したのもまた最高。

前日はツアーでやってたユニットを工夫してやってたんですが、この日は急遽ソロ曲に変更して披露。これができるのもベテランの経験値だよなと言う感じで。人数が半分だと物足りなくなるのかなと思ったところ、むしろ濃度は倍という感じでお腹いっぱいでした。

 

1/27(土)13:00 池田裕楽ソロコンサート Sing a go! go! @ WAKOゲバントホール

池田裕楽

ゲスト:峯吉愛梨沙・清水紗良

昨年から引き続きのJazzコラボの昼公演は同じバンドを据えた池田裕楽さんのソロコンサートに。ピアノ・フルート・ドラム・ベースの構成のMAQさんにギターとシンセを加えた編成のバンドなので、Jazzに寄せるでもなくオリジナルに近いアレンジだった印象。そんな中でも瀬戸内の妹をラテンっぽくアレンジしてたのが昼夜のJazzアレンジの中でも一番の出来だったように思います。STU48のカバーもありつつ、歌謡曲カバー中心のセットリストは池田裕楽さんの真骨頂という感じでした。ゲストも仲良しメンバーという感じで和気あいあい。

 

1/27(土)19:00 STU48 meets JAZZ with MAQ Vol.2 @ WAKOゲバントホール

池田裕楽、今村美月小島愛子、清水紗良、谷口茉妃菜、峯吉愛梨沙、岡村梨央、岡田あずみ、久留島優果

2回目となるゲバントホール主催のJazzコラボコンサート。昼と同じバンド編成で、前回同様Jazzアレンジの楽曲もあったんですが、そこまでJazzが強くないアレンジもある印象。1期生・2期生・2.5期生が3人ずついるので、期を混ぜたユニットに分けてソロとユニットという構成でした。全員のソロ歌唱が見れてそれぞれの歌唱を楽しめる構成だったのと、そのあとのユニットもここでしか見れない組み合わせで楽しかったなと。バンドの皆さんともいい雰囲気だし、公演のアンケートに「他のAKB48グループ所属のメンバーで、歌を聴いてみたい方はいますか?」という項目があったので、さらなる展開にも期待。

 

1/28(日)14:00 NMB48 TeamBII「僕のアオハル」公演 @ NMB48劇場

青原和花・坂下真心・坂田心咲・桜田彩叶・塩月希依音・新澤菜央・龍本弥生・出口結菜・水田詩織・眞鍋杏樹

8期生のエース級が揃った真ん中に若くしてベテランの風格の塩月希依音さんがセンターを張り、後輩をサポートできる優しい先輩でバックを固めた感がいかにもBIIだなと。"本店"の歴代フレッシュメンバー曲をうまく組み合わせてフレッシュさをアピールするセトリ。冒頭何曲かで坂田心咲さんのダンスすごい!ってなったあとにユニットの「10クローネとパン」の塩月希依音さんが圧巻のパフォーマンスで超えてくる感じがゾクゾクしました。

ただ、普通にやったら絶対に盛り上がる煽り曲の「ロックだよ、人生は…」に新しい振り付けつけて勢いを一旦殺すのはどういう意図があったんだろうか。自分たちの色で染め上げるなら手垢のついていない曲を選ぶってのもあったんじゃ、というところがちょっと引っかかりました。

 

2024年の現場数集計

公演       :9

コンサート    :4

イベント(有料) :1

イベント(無料) :0

舞台       :0

握手会      :2

 


合計       :16

 

今年から直近1年の推移をグラフにしてみます

 

グループごとの参加数

AKB48  :0

SKE48  :6

NMB48  :6

HKT48  :0

NGT48  :0

STU48  :7

 

まんべんなく回ろうと思ってるんですが、いきなり偏りましたね。

2023年に見た劇場公演のまとめ

2023年に見たAKB48グループの劇場公演をただひたすらまとめていきます。

 

AKB48劇場 7公演

2023/01/07    13:30    AKB48 チームK「逆上がり」公演
2023/02/04    18:00    湯浅順司「その雫は、未来へと繋がる虹になる。」
2023/03/18    13:30    AKB48研究生「ただいま 恋愛中」公演
2023/05/21    13:30    AKB48 チームK「逆上がり」公演
2023/06/25    18:00    AKB48 チームB「アイドルの夜明け」公演
2023/07/16    12:30    AKB48研究生「ただいま 恋愛中」公演
2023/12/30    17:30    AKB48研究生「ただいま 恋愛中」公演

・公演内訳
チームK「逆上がり」 2回
チームB「アイドルの夜明け」公演  1回
チーム8 湯浅順司「その雫は、未来へと繋がる虹になる。」 1回
研究生「ただいま 恋愛中」公演 3回

チームAの重力シンパシー公演も見たことはあったので、ラストにチーム4のサムネイル公演を見たくてそっちに集中して応募してハズれ続けたせいでしばらく入れなくなってたんですが、年の最後の通常公演に滑り込みました。こうやって見たら「僕の太陽」公演は結構普通に避けてたんだなと。来年は秋元康新公演じゃなくて村山彩希プロデュースの新公演がはじまるらしいので、それまでにもう1回ぐらい僕の太陽公演入っておこうかなという気持ちも少し。

 

SKE48劇場 26公演

2023/01/18    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」公演
2023/01/28    17:00    チームE「SKEフェスティバル」公演
2023/02/14    18:30    チームKII「時間がない」公演
2023/02/18    17:00    「手をつなぎながら」公演
2023/02/24    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」公演 竹内ななみ生誕祭
2023/03/04    17:00    「We‘re Growing Up~2nd~」公演
2023/03/17    18:30    チームKII「時間がない」公演 西井美桜生誕祭
2023/04/22    17:00    “特別列車SKE48号”~JR東海が本気でアイドルと組んで企画を考えたらこうなった~★第二弾★STU48瀧野由美子さんがやってきた
2023/05/07    17:00    「We‘re Growing Up~2nd~」公演
2023/05/19    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」公演
2023/06/21    18:30    「手をつなぎながら」公演
2023/06/26    19:00    劇場版未完全TV 「ミカンのむき方」
2023/07/08    17:00    チームKII「時間がない」公演
2023/07/24    18:30    「手をつなぎながら」公演
2023/08/28    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」公演
2023/09/19    18:30    チームE「声出していこーぜ!!!」公演
2023/09/21    19:00    劇場版未完全TV 「ミカンのむき方」
2023/10/02    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」 公演
2023/10/03    18:30    チームE「声出していこーぜ!!!」公演
2023/10/26    18:30    「We‘re Growing Up~2nd~」公演
2023/10/30    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」 公演
2023/11/13    18:30    チームKII「時間がない」公演
2023/11/21    18:30    チームE「声出していこーぜ!!!」公演
2023/12/02    17:00    「We’re Growing Up~2nd~」公演 原優寧生誕祭
2023/12/07    18:30    チームS「愛を君に、愛を僕に」 公演
2023/12/31    17:00    「年忘れ 今年も色々ありましたなぁ〜 来年もヨロシクね」

・公演内訳
チームS「愛を君に、愛を僕に」公演 7回
チームKII「時間がない」公演 4回
チームE「SKEフェスティバル」公演 1回
チームE「声出していこーぜ!!!」公演 3回
「手をつなぎながら」公演 3回
 「We’re Growing Up~2nd~」 4回 
トークイベント 4回

平日仕事終わりに劇場に行くのも板についてきて、さらにとりあえずトレード入れるのも習慣になった結果こんな感じで。チームSは好きなメンバーが多いので多めに入ってますが、それでもいい感じにバランス取ってるな、と思ってます。

 

NMB48劇場 15公演

2023/01/29    14:00    NMB48 Team N「夢中雷舞」公演
2023/02/25    14:00    NMB48 TeamBII「なんば笑顔開花宣言」公演
2023/02/25    18:00    NMB48 TeamBII「なんば笑顔開花宣言」公演
2023/02/26    18:00    NMB48 TeamM「恋は突然やってくる」公演
2023/04/15    18:00    NMB48研究生 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演
2023/04/16    14:00    NMB48 Team N「夢中雷舞」公演
2023/05/28    11:30    「NMB48 LIVE 2023〜轟けミックス!〜」上映会
2023/05/28    16:30    「NMB48 リクエストアワー セットリストベスト50 2023 昼夜公演」上映会
2023/06/17    14:00    NMB48研究生 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演
2023/07/01    18:00    NMB48 TeamBII「なんば笑顔開花宣言」公演
2023/07/22    18:15    「なんばらえてぃー」公演
2023/09/09    18:00    NMB48 TeamBII「なんば笑顔開花宣言」公演
2023/10/07    14:00    NMB48研究生 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演
2023/11/18    14:00    TeamM「Mのサイン」公演
2023/11/25    14:00    NMB48研究生 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演

・公演内訳
チームN 「夢中雷舞」公演 2回
チームM「恋は突然やってくる」公演 1回
チームM「Mのサイン」公演 1回
チームBII「なんば笑顔開花宣言」公演 4回
研究生 「世代交代前夜」公演 4回
「なんばらえてぃー」公演 1回
トークイベント 2回

古いチーム公演はあんまり好みでなかったので応募は控えて、8期生・9期生をたくさん見ていきたいなというのの現れ。来年はチームNとBIIの新公演ももちろん見たいと思ってます。

 

HKT48劇場 11公演

2023/01/14    12:30    チームKⅣ「制服の芽」公演
2023/01/14    17:00    ひまわり組パジャマドライブ」公演
2023/01/15    12:30    ひまわり組パジャマドライブ」公演
2023/02/11    17:00    チームH「目撃者」公演 初日
2023/05/27    12:30    ひまわり組パジャマドライブ」公演
2023/09/02    12:30    チームK「ここにだって天使はいる」公演
2023/09/02    17:00    ひまわり組パジャマドライブ」公演
2023/11/19    12:30    チームH「目撃者」公演
2023/11/19    17:00    HKT48研究生「希望のつぼみ」公演
2023/12/10    12:30    HKT48研究生「希望のつぼみ」公演
2023/12/10    17:00    ひまわり組パジャマドライブ」公演

・公演内訳
チームH「目撃者」公演 2回
チームKIV「制服の芽」公演 1回
チームKIV「ここにだって天使はいる」公演 1回
ひまわり組パジャマドライブ」公演 5回
HKT48研究生「希望のつぼみ」公演 2回

HKT48劇場は昼夜で別の公演やってくれて両方当選できるので遠征しがいがあるというか、いい感じに回れたと思います。

 

NGT48劇場 12公演

2023/01/05    18:00    3期研究生「PARTYが始まるよ」公演
2023/02/05    12:30    「NGT48劇場リバイバル」公演
2023/06/03    12:00    「NGT48劇場リバイバル」公演
2023/06/04    12:00    3期研究生「PARTYが始まるよ」公演
2023/06/04    17:00    3期研究生「PARTYが始まるよ」公演
2023/09/16    12:30    「NGT48劇場リバイバル」公演
2023/09/16    17:30    「NGT48劇場リバイバル」公演
2023/11/11    12:00    「NGT48劇場リバイバル」公演
2023/11/11    17:00    「NGT48劇場リバイバル」公演 ~真下華穂 生誕祭~
2023/11/12    12:00    3期研究生「PARTYが始まるよ」公演
2023/11/12    17:00    3期研究生「PARTYが始まるよ」公演 ~杉本萌 生誕祭~
2023/12/30    12:00    「おもいでいっぱい」公演

・公演内訳
NGT48劇場リバイバル」公演 6回
3期研究生「PARTYが始まるよ」公演 5回
「おもいでいっぱい」公演 1回

NGT48劇場は基本定員割れしている状況なので、事前に計画して見れるだけ公演観て帰るってことですかね。リバイバル公演もたくさん見て新公演の思い出いっぱい公演も楽しいのでまた新潟に美味しいもの食べに行きたくなったら行きます。

 

STU48公演 7公演

2023/01/01    12:30    STU48「花は誰のもの?」公演
2023/02/12    17:00    STU48「花は誰のもの?」公演〜池田裕楽生誕祭〜
2023/03/11    14:00    STU48「花は誰のもの?」公演
2023/03/18    19:30    STU48 課外活動「Charming Trip」公演 in TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL 2023
2023/05/02    18:30    STU48 課外活動「STUDIO×Charming Trip」公演
2023/08/17    18:30    STU48 課外活動「勝手に!四国観光大使×MiKER!」公演
2023/10/08    13:00    STU48「花は誰のもの?」公演

・公演内訳
「花は誰のもの?」公演 4公演
STU48 課外活動公演 3公演

STU48は夏にやってた研究生ツアーが実質劇場公演キャパだったりするのがあったり、竹芝でやった課外活動出張公演って公演なのかな、それともあれコンサートなのかなみたいなのあるんですが便宜的にこんな感じでカウントしてみました。

といったところで劇場公演で見た回数ランキングを列挙して、今年のまとめとさせていただきます。並び替えるのも面倒くさいので集計シートに出たままの順不同、研究生の前座出演みたいなのも1回とします。

 

13回 竹内ななみ

12回 大村杏・赤堀君江・石黒友月・荒野姫楓

11回 中坂美祐・鬼頭未来

10回 篠原京香・上村亜柚香・大谷悠妃・水津菜月・伊藤実希

9回 西井美桜

8回 坂本真凛・森本くるみ・野村実代・井上瑠夏・松本慈子・仲村和泉・藤本冬香・磯部瑠紅

7回 青海ひな乃・木本優菜・福井可憐・生野莉奈・入内嶋涼・三村妃乃・西潟茉莉奈

6回 青木莉樺・倉島杏実・岡本彩夏・澤田奏音・市村愛里・伊藤優絵瑠・井澤美優・坂本りの・川平聖・大塚七海・梁瀬鈴雅・北川陽彩・猪原絆愛・渋井美奈・大内梨果・相川暖花・鈴木恋奈・真下華穂・小越春花

5回 末永桜花・井田玲音名・北川愛乃・隅野和奏・佐藤佳穂・林美澪・池帆乃香・田中美空・北村優羽・佐藤海里・鈴木凛々花・平野百菜・田中伊桜莉・南川遥香・森崎冴彩・江口心々華・藤野心葉・水野愛理・谷真理佳青木詩織北野瑠華・川嶋美晴・池田楓・清司麗菜

4回 福田朱里・江籠裕奈・和田海佑・青原和花・高雄さやか・沖侑果・中野愛理・太田彩夏・鈴木愛菜・田中雪乃・芳野心咲・龍本弥生・坂本理紗・坂下真心・松野美桜・板垣心和・渋谷紗雪・久留島優果・吉田彩良・諸葛望愛・岩田陽菜・峯吉愛梨沙・立仙百佳・原田清花・地頭江音々・豊永阿紀・迫姫華・今村麻莉愛・兵頭葵・栗山梨奈・杉山歩南・山内祐奈福士奈央・畠山希美・太田有紀・藤崎未夢

3回 山村さくら・鎌田菜月斉藤真木子・平山真衣・新澤菜央・熊崎晴香・髙畑結希・石田優美・前田令子・尾崎世里花・菅原茉椰・瓶野神音・貞野遥香桜田彩叶・福野杏実・西由真・西島梨央・青原優花・衣笠彩実・芳賀礼・日高優月今村美月・岡村梨央・舟橋礼菜・岡田あずみ・甲斐心愛・石田みなみ・松岡はな・石橋颯・川又あん奈・浅井裕華・竹本くるみ・奥原妃奈子・山下エミリー・川越紗彩・信濃宙花・森下舞羽・鈴木彩夏・馬場彩華・古川雪乃・最上奈那華・杉本萌・新井りりの・荒巻美咲・古澤愛・堺萌香・安井妃奈・田中美帆荒井優希

2回 原優寧・杉本りいな・山本望叶・塩月希依音・石田千穂・出口結菜・中村舞・眞鍋杏樹・徳永羚海・西田帆花・松本海日菜・早川夢菜・黒島咲花・宮本杏海・二瓶愛美・佐月愛果・秋山由奈・瀧野由美子小島愛子・山根涼羽・工藤理子・田口愛佳・秋吉優花・小田彩加・栗原紗英・池田裕楽・新井彩永・茂木忍・宗雪里香・坂口渚沙・谷口茉妃菜・運上弘菜・左伴彩佳・川又優菜・長谷朱桃・湯本亜美下口ひなな・喜多花恵・後藤陽菜乃・渡部愛加里・立花心良・長野雅・佐藤綺星・正鋳真優・布袋百椛・小濱心音・山﨑空・布袋百椛・水島美結・本間日陽・曽我部優芽・奈良未遥

1回 坂田心咲・川上千尋上西怜・小嶋花梨・原かれん・安部若菜・渋谷凪咲大西桃香・池田典愛・吉見純音・泉綾乃・浅尾桃香橋本陽菜・水田詩織・鵜野みずき・内海里音・久保姫菜乃・迫由芽実・山口結愛・吉崎凜子・成田香姫奈・黒田楓和・八木愛月・鈴木くるみ・渡辺菜月・佐藤美波・李始燕・堀詩音・服部有菜・浅井七海・工藤華純・濵咲友菜・本村碧唯・奥野心羽・吉田華恋・加藤夕夏坂本愛玲菜清水麻璃亜中井りか・石松結菜・中野美来・本郷柚巴・矢吹奈子・大庭凜咲・清水紗良・都築里佳・小林蘭・石綿星南・田辺美月・岡本怜奈・武藤十夢・古舘葵・高橋彩音・村上和叶

 

合計 263名

 

2023年12月の記録

現場が多すぎて書きたいことも多すぎて、書いても書いてもきりがないんですが、なんとか年内に記事をアップしておきます。あくまで個人の備忘録なんで、思い出したものは思い出したタイミングで追記していくスタイルですが。

 

12/2(土)FC岐阜ホーム戦(vsギラヴァンツ北九州)@ 長良川競技場

太田彩夏・北野瑠華青木詩織・水野愛理

サッカーに一切興味ないのに冷やかしで行くなんて、ましては試合のチケット買ってまで、と思ってたんですがSKEの出るつながるステージはスタジアムの外にあるので普通にチケット無しで見れることを知らなかったりで。実際に行ってみるとすごく和やかな現場で、いつも来ているSKEヲタのカメコなんかもその場の一部として存在している感じ。

SKEが登場するコーナーは2回あったんですが、1回目は理想のクリスマスデート発表対決というベタベタなアイドル企画。水野愛理さんが「なんでおじさんとキッズにデートプランを紹介しないといけないの?誰も興味ないじゃん」とぶちかましてから匂わせ夢の国デートプランで優勝。景品の焼きそばを美味しそうに食べていました。

2回目のMCはシーズン最終戦とのことで今季のFC岐阜応援隊活動を振り返る内容だったんですが、水野愛理さんがベビーカステラをおねだりしたら屋台の人がステージまでデリバリーしてその場で食べる展開となり、FC岐阜現場常連ヲタたちにも前代未聞だったらしく騒然としていました。総じて水野愛理さんが自由で面白い現場でした。

 

12/2(土)SKE48「We’re Growing Up~2nd~」公演 原優寧生誕祭 @ SKE48劇場

伊藤実希・西井美桜・大村杏・篠原京香・杉本りいな・原優寧・森本くるみ・山村さくら

例によってトレードで取った生誕祭でしたが、千秋楽まで残り少ないWGU公演で11期生勢ぞろい公演を最後に見れてよかったなと。杉本りいなさんの仕切りで「”ゆうね”と”バナナ”はイントネーションが同じ」という無茶苦茶な理由でマジカルバナナを提案するもマジカルバナナのルールを知らずにグダグダになった挙げ句なぜか大村杏さんが萌え台詞を2回言ったMCが、地獄と地獄の掛け算で逆に最高でした。

生誕祭は九州の大学の建築科と今も両立する原優寧さんの決意など語られて素敵な内容だったんですが、長すぎるアンコール口上がほんとにひどかったと語り継がれてしまう回だったなと。まとまってない文章で余計なことをタラタラ4分間喋った挙げ句、ゆうねコール3回でメンバー登場。普段生誕祭入らないので標準を知らなかったんですが、終わったあとのネットの反応を見た感じどうやら本当にひどかったらしく。

 

12/3(日)高齢者交通安全啓発ミニイベント @ アピタ岡崎北

青木莉樺・髙畑結希

この啓発イベントも佳境ということで、なんとなく見に行ってみたんですが、普通のスーパーの一角に遠征民多数のヲタの人だかり。どうやら反射板のお渡し回が目当てらしく、そうか無銭接触現場だったのかと。

9月の啓発大使任命イベントのときもいた司会のお姉さんがこの日も帯同してたんですが、無銭現場常連のおっさんヲタとかは顔なじみになっていて名前呼んでいじりまくり。一見不審者のおっさんヲタを抱き込んで無害の人だと分からせる効果もあるんだろうし、相変わらず剛腕の司会者さんでした。

啓発イベントは2回あって各回クイズ大会の終わりに反射板お渡し会があるんですが、司会のお姉さんが「皆さん推しメンから貰ってくださいね。2回あるので両方から貰うのもアリですね」とまで言っちゃうんだという。ということで、お言葉に甘えて1回目は髙畑結希さん、2回目は青木莉樺さんから反射材を受け取ったんですが、髙畑結希さんはどんどん若返ってるんじゃないかっていうキラキラがすごいし、青木莉樺さんと改めて面と向かうとめちゃ可愛くてびっくりした。そうこれが無料なんだからそりゃ客集まるわけですよ。

あと、この日のクイズ大会の開設担当の岡崎警察署の交通課の方がすごく話が上手で面白くてわかり易くてそこも良いイベントでした。

 

12/7(木)SKE48 チームS「愛を君に、愛を僕に」 公演 @ SKE48劇場

赤堀君江・荒野姫楓・石黒友月・井上瑠夏・大谷悠妃・上村亜柚香・鬼頭未来・坂本真凛・竹内ななみ・中坂美祐・野村実代・松本慈子・大村杏・篠原京香・森本くるみ・奥野心羽

舞台を控えて休演しているメンバーもいて、この日が12期生初アンダーとなる奥野心羽さんを含んだ研究生4人体制で開催されたチームS公演。この日の昼に発表された生誕グッズの告知に本来ならばいるはずの竹内ななみさんの名前がなくて多少ざわざわしていた公演で、影アナの荒野姫楓さんも空元気のように煽っていたんですが、いざ開演すると初出演のアンダーメンバーにウェルカムなチームのムードも良くて、変な空気をパフォーマンスで塗り替える力を持った公演でした。奥野心羽さんも初アンダーとは思えないしっかりとしたパフォーマンスで初めて先輩になった11期生は随分頼もしい。とはいえ、案の定竹内ななみさんの卒業発表があったんですが、卒業発表はカラッとコミカルで、泣いちゃった女性席のヲタを終演後に気遣う姿も印象的でした。卒業発表の直前の「マイ・ドリーム」のときに結構感極まっていたのも見てしまったのはここだけの話で。

 

12/9(土)STU48 10thシングル「君は何を後悔するのか?」発売記念イベント @ キャナルシティ博多 B1F サンプラザステージ

石田千穂・沖侑果・尾崎世里花・工藤理子・高雄さやか・福田朱里

博多のアイドルイベントといえばみたいなキャナルシティ博多のイベントスペースだけど、ちゃんとアイドル見るのは初めてでした。STU48としてもここでやるのは初めてとのことで。優先エリアの後方から観覧したのですが噴水前の平らなところでパフォーマンスするので見えないかと思いきやそうでもないぐらいな感じで。終了後は1期ドラ3レーンと2期レーンの2レーンでお話し会。2期生レーンでキャッキャ2ループ楽しんで終了。

 

12/10(日)STU48 10thシングル「君は何を後悔するのか?」劇場盤発売記念 直接会ってお話しができる!「個別お話し会」&「2ショット写真会」@ マリンメッセ福岡 B館

いわゆる劇場盤の個別イベントなのですが、当日会場販売の通常盤を購入しても参加できるとのことで、そっち目当てに寄ってみました。メンバーは全員サンタコスで参加の回。会場の真ん中には大きなクリスマスツリーがあってその前に若干の客席。研究生が登場するスマホ撮影可能イベントが事前告知されているのでそれも見る。メンバーが出てきてプレゼント(博多グルメ)をかけた輪投げをして罰ゲームは萌えゼリフみたいなのでした。そのあとは告知のあった研究生だけでなく随時休憩中のメンバーが入れ代わり立ち代わり出てきてゲームしたりツリーをバックに自撮りしたり、それをヲタクはスマホで撮り放題という平和なイベント。

あと、会場販売CDを購入すると参加できる抽選会もあったんですが、そちらにも研究生が登場するらしく、ものは試しとのことで1回だけ行ってみました。その場にいた3人のうちから1人指名してガラガラ抽選を回してもらうのですが、それまで指名されてなかった藤井里詠さんを指名してワチャワチャしたのが楽しかったです。今の握手会イベントなんてそう混まないんだから、飛び込みの客にもCD売って楽しんでもらう工夫があるのは商売上手だと思うし、毎回STUのCDは思ったよりたくさん買ってしまうな、ってなってます。

 

12/10(日)HKT48研究生「希望のつぼみ」公演 @ HKT48劇場

生野莉奈・猪原絆愛・大内梨果・北川陽彩・渋井美奈・福井可憐・藤野心葉

千秋楽が発表されて残り少なくなった希望のつぼみ公演。2次先着販売で買って上手の花道の先っちょあたりで観覧。この回では福井可憐さんが首謀したいたずらが暴露されて、弁解を繰り返すも集中砲火を浴びてどんどんイメージが悪くなっていく下りが、仲がいいから成立するネタという感じで楽しかったです。終演後は生野莉奈さんと渋井美奈さんがステージ上を走り回って最後なかなか捌けなかったのもやりたい放題で最高でした。

 

12/10(日)HKT48 ひまわり組パジャマドライブ」公演 @ HKT48劇場

井澤美優・江口心々華・堺萌香・地頭江音々・豊永阿紀・梁瀬鈴雅・山内祐奈・生野莉奈・猪原絆愛・大内梨果・北川陽彩・渋井美奈・立花心良・福井可憐・藤野心葉・安井妃奈

6期生たくさんと重鎮(山内祐奈、堺萌香、地頭江音々、豊永阿紀)という回。先輩4人は髪型をクマにして若さに対抗してたんですが、若干ビビりつつも無邪気に失礼な子どもたちに手を焼いていて面白かったです。

 

12/11(月)SKE48江籠裕奈卒業記念Solo Live ~みんなとみた流星群~ @ Zepp Nagoya

江籠裕奈

グループでの卒業コンサートのかわりにソロライブが開催されたという形。歴代のソロライブの中でも最大キャパのZepp Nagoyaが前方着席後方スタンディングで満席状態。

卒業セレモニーもあって、自分を応援してきたファンに向けての言葉でも「私のファンの方じゃなくてもSKE48を応援するとともに、必然的に私の成長を見届けてくださったたくさんの皆さん」なんて絶妙な距離感のコメントも刺さったし、振り返りVTRでは加入当初の小学生時代のVTRが多かったのも当時を思い出してぐっと来てしまいました。最後に選んだ曲「君は未来に試されている」で掲げた「誠実は美しい」という言葉。もうぐうの音も出ないほどの説得力がものすごかったです。

江籠裕奈さんのソロライブを見るたびにこんなソロアイドルが昔からいたんだと錯覚するし客席の雰囲気もSKEのライブとは全然違うわけで、グループアイドル全盛の時代にソロアイドルをできる稀有な存在だなと。卒業後のソロ活躍にも期待しています。

 

12/12(火)カミングフレーバー LIVE 2023 〜Our pride〜 at DIAMOND HALL @ 名古屋ダイアモンドホール

KIMIE・YU-KI・MIYO・ENA・AIRI

HINANOが海外に拠点を移して不在、YU-KIのSKE48卒業も控えた中での久々の単独ライブ。カミフレの持ち歌で構成されたセットリストはメンバー考案とのことで、メンバーの思いが入ってカミフレ独自のドラマを紡いでました。最後の挨拶でENAが「この先カミフレがどうなっていくかわからないけど」みたいに不安げにコメントしたあとにKIMIEが「カミフレはこの先も続けていくって決めたので」と力強く宣言、リーダーのMIYOも予定は未定ながら続けるとの意志を表明して、最初なんとなく始めたユニットだったように思うんですが、他でもないメンバーの意志でもって存続することになったんだなと。

 

12/13(水)SKE48 Team LIVE 2023 at DIAMOND HALL(Team E) @ 名古屋ダイアモンドホール

相川暖花・浅井裕華・池田楓・井田玲音名鎌田菜月熊崎晴香・倉島杏実・斉藤真木子佐藤佳穂・澤田奏音・末永桜花・菅原茉椰・鈴木恋奈・髙畑結希・谷真理佳・林美澪・福士奈央

研究生オープニングアクト:大村杏・篠原京香・杉本りいな・原優寧・森本くるみ・山村さくら・伊藤虹々美・奥野心羽・柿元礼愛・加藤皐生・河村優愛・倉本羽菜・鈴木愛來・高村紗弥・長谷川雅・松川みゆ・南澤恋々

ここから3日続くチームコンサート。まずはチームEから。事前にリクエストアワーをすると告知されてたんですが、チームE歴代公演楽曲から1人20票を分配するメンバー投票で披露楽曲を決定。進行上ライブとしては順不同に披露されたのでリクアワ感はなかったのですが、メンバー手書きのランキング表が披露され終演後は撮影可能となっていました。自分のユニットをやりたいベテランと、あこがれの曲をやりたい若手の投票が相まって、結果的にチームEの歴史を振り返る内容になったかと。

研究生のオープニングアクトは12期生も全員参加でそれだけで満足感がすごかったんですが、入ったばかりの12期生もみんなしっかり踊れてて即戦力だなと。

 

12/14(木)SKE48 Team LIVE 2023 at DIAMOND HALL(Team S) @ 名古屋ダイアモンドホール

赤堀君江・荒野姫楓・石黒友月・井上瑠夏・大谷悠妃・上村亜柚香・北川愛乃・鬼頭未来・坂本真凛・竹内ななみ・中坂美祐・仲村和泉・野村実代・松本慈子

研究生オープニングアクト(前日と同じ)

続くチームSのライブは紅白歌合戦というテーマだったんですが、冒頭1曲ステージ上で円陣して歌うタイミングではメンバーがみんなうるうるしていたようで。そこからはゲスト審査員が招かれてやりたい放題の紅白歌合戦コーナーが始まって、目一杯やりたい放題やるわけですが、アンコールのラストの12月のカンガルーで卒業を控えた大谷悠妃と竹内ななみへのサプライズがあって涙涙の展開に。そうなって振り返るとやりたい放題の本編も涙をこらえて最後の思い出づくりで好き勝手やってたんだろうな、という味わいもあったライブでした。

 

12/15(金)SKE48 Team LIVE 2023 at DIAMOND HALL(Team KII) @ 名古屋ダイアモンドホール

青木詩織・青木莉樺・荒井優希・伊藤実希・入内嶋涼・江籠裕奈・太田彩夏・岡本彩夏・川嶋美晴・北野瑠華鈴木愛菜・中野愛理・西井美桜・藤本冬香・水野愛理

研究生オープニングアクト(前日と同じ)

チームライブラストは特にテーマは発表されてなかったんですが、江籠裕奈さんが中心になって作ったセットリストでチームKIIの歴史をストレートに振り返る内容。リクアワで兆し衣装を着た後輩が喜んでいたので、その延長もあるとのことで。チームKIIの歴史をまんべんなく振り返りつつアンコール冒頭でラムネ公演を思わせるシングルメドレーもあって最高でした。あと、チームKIIはMCも面白くって配信なしでリミッター外した水野愛理さんのぶっちゃけMCでMCのネタに困って裏に残っている研究生をMCに引きずり出すし、太田彩夏さんの話し始めると場を支配するとっ散らかり具合、15人姉妹前のコントMCでの藤本冬香さんの振る舞いとか、「クリスマスの定番」みたいなありふれたお題でもエピソードトークと天然ボケとツッコミが成立してたりとか、すべてが上手い。

あと、この回のオープニングアクトでは12月のカンガルーで12期生の奥野心羽さんと南澤恋々さんがセンターを務めて、また新しい未来を感じました。

で、この3日間のチームコンサートすべて素晴らしかったんですが、配信もなければちゃんと収録もしてないの一体何のつもりだったんでしょうか?近場のライブハウスで忘年会的に8800円の公演やればそれだけで儲かるんだろうけど、どれも独自に準備に手間もかかって素晴らしかったので、その場限りにするのはかけた労力と見合ってないんじゃないかと。もったいない。

 

12/16(土)NMB48 渋谷凪咲卒業コンサート 〜こんな卒コン前代未聞!その内容とは?〜 @ Asueアリーナ大阪

NMB48全メンバー

1日目は卒業コンサート中に大喜利をやりまくる展開。翌日の本気モードを卒業コンサートを見てから振り返ると、大喜利のボケを挟むためにありがちな卒業コンサートをパロディーにしてるのも若干の悪意を感じたりもしました。渋谷凪咲さんがじゃんけん民の逆さ坂のオリメンっていう普通には振り返れないなと思ったりしたり。いろんな小ボケがあったんですが、マジすかパロディの「マジック失敗姉妹」ナイス天丼ボケで一番ツボにはまりました。普通のメンバーでやったらうっすらスベり続けるであろう“おもしろ演出”をちゃんと笑いに繋げられるのが渋谷凪咲さんの真骨頂、というのがよくわかったコンサートでした。

 

12/16(土)NMB48 クリスマスパーティー 2023 @ Asueアリーナ大阪

NMB48全メンバー

直球のNMBの冬曲がまとめて楽しめたのと、客席の隅々までメンバーがパインアメをばらまくサービスだけでもう満足だったんですが、何度かあったMCがどれも死ぬほどつまらなかったのは正気だったんでしょうか?疲れてたのでちょっと寝ました。出演予定がなかった渋谷凪咲さんもラストにサンタ姿でサプライズ登場。

 

12/17(日)NMB48 渋谷凪咲卒業コンサート 〜昨日はごめんなさい!今日こそ皆様へ愛を込めて〜 @ Asueアリーナ大阪

NMB48全メンバー

ゲスト:薮下柊吉田朱里村瀬紗英太田夢莉/ダイアン・かまいたち・見取り図

前日にボケが出尽くしていたので終始真面目な卒業コンサートでした。渋谷凪咲さんの最近のテレビでの活躍は見てもNMBのことはちゃんと追ってなかった側からすると、渋谷凪咲さんのメンターとしての偉大さに驚くばかりで、「今いる場所で泥臭く頑張って輝くしかない」という助言も順風満帆とは言い難い歴史と今の成功があってこその説得力で、そこを見せてくれた構成も良かったなと。最近の卒コンは送り出し演出が雑になることが多い印象だったんですが、ツリー型に並んだメンバーの中に渋谷凪咲さんがせり上がっていき、ピタッとハマってはけていく展開も素晴らしかったですね。

あと、この3公演2525円のにっこり後方指定席という座席で見たのですが、あまりのチケットの安さで酷いものを覚悟しているも拍子抜けするぐらい普通のスタンド席でトロッコもあって楽しめました。さすがに最終公演はさっき物販で買ったペンライト1本だけ持ったライトファンみたいな人が多くて、もうちょっと上手く告知して前日の2公演にもライトファンを流せればもっと良かったのでは、ということを考えたりしました。

NMB48全メンバー(佐月愛果、古川雪乃全公演休演)

石田優美・泉綾乃・瓶野神音・川上千尋・小嶋花梨・渋谷凪咲・田中雪乃・平山真衣・福野杏実・松岡さくら・松本海日菜

池帆乃香・鵜野みずき上西怜・隅野和奏・早川夢菜・原かれん・前田令子・松野美桜・眞鍋杏樹・山本望叶・和田海佑

浅尾桃香・安部若菜・黒島咲花・坂下真心・坂田心咲・坂本理紗・桜田彩叶・塩月希依音・新澤菜央・龍本弥生・出口結菜・水田詩織・芳野心咲・山本光

青原優花・青原和花・池田典愛・板垣心和・衣笠彩実・阪本玲央・渋谷紗雪・田中美空・西由真・西田帆花・西島梨央・二瓶愛美・芳賀礼・舟橋礼菜・宮本杏海・吉見純音

 

12/30(土)NGT48「おもいでいっぱい」公演 @ NGT48劇場

清司麗菜奈良未遥西潟茉莉奈本間日陽・藤崎未夢・小越春花・曽我部優芽・真下華穂・三村妃乃・磯部瑠紅

12月に始まった新公演、年内最終公演に滑り込んで見てきました。このあとにメンバー総登場の配信企画もあるのでメンバーも1期生勢ぞろいで豪華。卒業発表した本間日陽さんを劇場で見るのは最後な気がするし、奈良未遥さん復帰後に見るのも初めて。あと、曽我部優芽さんのこの公演初日らしかったです。

NGT48のオリジナル楽曲からメンバーの投票で選ばれた新公演とのことですが、ユニット曲6曲でメンバーが2回まわしなので画変わりが多いし、全体曲も定番曲とレア曲のバランスもよく、背景のLED演出も凝ってて、見ごたえはあったなっていう。本間日陽さんがセンターでバレエを踊りまくる「渡り鳥たちに空は見えない」を劇場で見れたのもすごい良かったなと。換気休憩はなくなってたけど、アンコールが5曲なのも名残を感じたし、少人数寄せ集め公演としてはかなり出来はいいんじゃないかという気はしました。

 

12/30(土)AKB48研究生「ただいま 恋愛中」公演 @ AKB48劇場

太田有紀・畠山希美・正鋳真優・水島美結・秋山由奈・工藤華純・迫由芽実・山口結愛

AKB48劇場は7月に18期だけの研究生公演を見たっきり入れなかったのでした。17期生と18期生の混合体制の研究生公演を見るのも初めてだったんですが、MCで17期生と18期生が距離を詰めようとしていて、畠山希美さんが18期募集発表のときに拒絶したことを謝罪してたりして微笑ましかったです。あと、18期生のMCがなんか危なっかしかったのも、のびのび育ってくれよと見守りたい気持ちに。

秋頃に始まった入るとメンバーとチェキが取れるピンポン玉投げは、開演前に3レーンがフル稼働していてなるほどこういうことなのか、という感じで。

 

12/31(日)SKE48「年忘れ 今年も色々ありましたなぁ〜 来年もヨロシクね」 @ SKE48劇場

赤堀君江・荒野姫楓・石黒友月・鬼頭未来・竹内ななみ・仲村和泉・松本慈子青木詩織荒井優希・伊藤実希・入内嶋涼・川嶋美晴・北野瑠華・西井美桜・藤本冬香・水野愛理・相川暖花・池田楓・鈴木恋奈谷真理佳福士奈央

2023年の現場納めはSKE48劇場で。20歳以上のナガシマスパーランドカウントダウンイベントに呼ばれていないメンバーたちがステージのこたつに入ってまったりトークをしながら1年を振り返るゆるい企画。ドラフト1期生3人とともに進行をしていた赤堀君江さんの抜擢感があったし先輩にも突っ込める人材という意味ではチームSだけでなくSKE全体で重用されていくのかなという。トークの内容は1グループ目の8期・10期と2グループ目の9期はなんかあんまり跳ねてなかったんですが、その後のベテラン組がほんとに酷くてもう笑っちゃってだめでした。1年を振り返るって言って、コンサートの打ち上げで太った男性マネージャーがメンバーの振り真似をしている映像とか公開してるし。また水野愛理、おまえか!という感じで。

トークイベントが終わったあとは出演メンバー全員で最後は「12月のカンガルー」「Stand by you」「ファースト・ラビット」を披露していてこれはこれで人数が多くて景気が良い

 

ということで、2023年の現場数集計の最終結果発表です

 

公演       :78

コンサート    :59

イベント(有料) :9

イベント(無料) :9

舞台       :1

握手会      :31

 

合計       :187

 

 

AKB48グループ関連現場だけで年間187現場はちょっと限界ぐらい頑張ったと思います。年末にインフルエンザにならなかったら190現場、夏にコロナにならなかったらもっと行けたんですがもう頑張っても仕方ないな、と思うので来年は減らしたいです。って毎年言ってる。

 

グループごとの参加数
(複数グループ参加のイベントはそれぞれにカウント。

 海外グループはグラフ集計外)

 

AKB48  :29

SKE48  :69

NMB48  :32

HKT48  :18

NGT48  :19

STU48  :28

BNK48/CGM48:1

 

 

グループごとの見た回数は、例年通りグループ間のバランス重視でいきました。SKE48は名古屋に住んでいるので劇場にも通えたので多くなったんですが、劇場公演のチーム間のバランスは結構取ってたりします。あとは、HKT48が今年の後半は平日の関東とかでしかライブをやらなくなってしまい、あんまりコンサートに行けなかったのが心残りかも。劇場公演まとめは今年中に別記事で上げたいです。

サウナの生姜焼き定食コレクション 2023

サウナのレストランの生姜焼き定食を食べることを趣味にしようと思い立ったので、ここにひたすら並べていきます。なんとなく写真を撮っていただけで当初はコレクションにしようと思ってないので、名称・価格は一部曖昧です。あと味噌汁の蓋は取ったほうがいい気がしたけど、取るの忘れてるのもあります。味の感想とかはとくにありません。生姜焼き定食なんてどこでもまあまあ旨いのです。

 

2023/3/11 ニュージャパン梅田店(大阪府

豚生姜焼き定食 980円

 

2023/4/30 川崎ビッグ(神奈川県)

豚生姜焼き定食 820円

 

2023/6/25 レインボー本八幡店(千葉県)

豚生姜焼き定食 980円

 

2023/7/8 サウナフジ(愛知県)

豚生姜焼 800円

ごはんセット 300円

 

2023/8/6 池袋プラザ(東京都)

豚生姜焼き定食 800円

 

2023/8/16 ニュージャパンEX(広島県

しょうが焼定食 1000円

 

2023/9/2 ホテルキャビナス福岡(福岡県)

豚生姜焼き 800円

ご飯セット 210円

お味噌汁を糸島産の特製豚汁に変更 160円 

 

2023/10/20 レインボー新小岩店(東京都)

豚しょうが焼 750円

+250円で定食

 

2023/10/21 サウナ&カプセルホテル北欧(東京都)

豚生姜焼き 650円

定食セット 320円

 

2023/11/25 GOOD BLESS GARDEN SAUNA&STAY(鳥取県

しょうが焼き定食 980円

 

2023年11月の記録

今月は手薄な地域を狙い撃ちで回るスケジュールで劇場公演をたくさん見ました。このブログ、とりあえず更新して思い出したら随時追記していくスタイルに落ち着いています。

 

11/3(金)STU48 瀧野由美子卒業コンサート 2部 @ 広島グリーンアリーナ

石田千穂・石田みなみ・今村美月・岩田陽菜・甲斐心愛・瀧野由美子・谷口茉妃菜・兵頭葵・福田朱里・峯吉愛梨沙・森下舞羽・沖侑果・信濃宙花・中村舞

池田裕楽・内海里音・尾崎世里花・川又あん奈・川又優菜・工藤理子・小島愛子・迫姫華・清水紗良・鈴木彩夏・高雄さやか・原田清花・宗雪里香・吉田彩良・立仙百佳・渡辺菜月

岡田あずみ・岡村梨央・久留島優果・諸葛望愛・新井梨杏・石原侑奈・井出叶・岩﨑春望・奥田唯菜・梶原未羽・壁島結華・北澤苺・清水りさ子・曽川咲葵・長谷川乃彩・濵田響・藤井里詠・森末妃奈

OG:張織慧・塩井日奈子・新谷野々花・大谷満理奈・矢野帆夏・佐野遥・森香穂・三島遥香・榊美優・藤原あずさ

昼夜で2部構成となっていた卒業コンサートの2部だけ見てきました。STU48楽曲は瀧野由美子さんセンターの楽曲で構成されていてその存在の大きさを感じるとともに、瀧野由美子さんが参加したAKB48選抜楽曲メドレーコーナーではあの頃の48グループを思い出す流れも。全編通して3期生含めた全メンバーで入れ代わり立ち代わり披露されていて、これからのSTU48も予感させる内容。

アンコールでは1期生がたくさん出てきて、舞台には上がらずとも客席で見ていたり運営スタッフとして働いていたメンバーなんかもいたらしいですが、性格が悪いので不在のメンバーについて考えてしまったりもしました。

直前で行けることになり4日前に取ったチケットでも2階席前方。当日のスタンド席もスカスカで集客的には少し寂しいところはあったりはしましたが、それでもグリーンアリーナで卒業コンサートをやることに意味があったんだと思う、とても良い卒業コンサートでした。

 

11/4(土)NMB48 28thシングル『渚サイコー!』劇場盤 発売記念 個別握手会 @ ATCホール

NMB48の握手会は客側が使い捨てビニール手袋をつける形式でした。ATCホールは手狭で混雑しがちかつ、握手エリア内にトイレがないのが非常にめんどくさいんですが、握手は楽しいんですよ。この日は、堀詩音さんや浅尾桃香さんとは最後の握手になってしまったし、もう一人最後の握手があったはずが、、、というのは一旦忘れたほうがいいのかもしれません。

 

11/5(日)NMB48 28thシングル『渚サイコー!』劇場盤 発売記念 個別写メ会+個別肩たたき @ ATCホール

NMB48の写真会は2ショット撮影の後に肩たたきがある謎仕様。ビニールシート挟んで2ショット撮ったあとに、柵を挟んで肩をたたいてもらって見送ってもらう流れ。肩の叩き方にも個性があって楽しい。10年ぐらい前にはNMB劇場のお見送りでも肩たたきがあって謎だったんだけど、年を取って肩たたきの嬉しさがわかった気がしました。

 

11/11(土)「NGT48劇場リバイバル」公演 @ NGT48劇場

清司麗菜西潟茉莉奈・佐藤海里・大塚七海・小越春花・川越紗彩・古澤愛・真下華穂・三村妃乃・水津菜月

新公演が決まって残り少ないNGT48リバイバル公演。必然的にこれまでを振り返るMCになるんですが、西潟さんがほぼ皆勤とか、お客さんで◯回以上来ている人みたいなので40回で結構手が上がってたのが印象的でした。MCでは先輩の中に一人混ざった水津菜月さんがそれでもマイペースだったのが印象的。

 

11/11(土)「NGT48劇場リバイバル」公演 ~真下華穂 生誕祭~ @ NGT48劇場

清司麗菜西潟茉莉奈・佐藤海里・大塚七海・小越春花(一部出演)・川越紗彩・古澤愛・真下華穂・三村妃乃・水津菜月

事前には昼公演だけ取っていたんですが、当日の朝の時点で当日券が取れたので参加してみました。当日券で取った席は柱の陰になる席で見通しは良くなかったですが、生誕祭にこっそり紛れ込むにはちょうどいいとも言えるわけで。昼公演で喉の調子が悪そうだった小越春花さんは一部出演に。

NGT48の生誕祭はDMM中継のない生誕イベントがおまけで付いて6800円。三村妃乃さんからのお手紙では、ドラフト3期生オーディション後に社会人になっていた真下華穂さんをオーディションに誘った話が明かされ、生誕イベントで歌うカラオケの楽曲まで三村妃乃プロデュースとのこと。MCでも終始フィーチャーされ続け、そのめんどくささと頼りなさが可愛げとして引き出されていました。

うっかり紛れ込んでもメンバーとファンからの思いに触れ、そのメンバーのことがちょっと好きになる、良い生誕公演でした。

 

11/12(日)NGT48のお米屋さん @ 新発田市役所札の辻広場

清司麗菜・佐藤海里・藤崎未夢

NGT48が作るのをお手伝いした米でおなじみのときむすめの即売イベント、たまたま新潟にいたので参加してみました。開催場所だけ発表されていて開催時間は直前発表だったりしたんですが、10時開始とのことで劇場の昼公演もギリギリ間に合うとのことで、朝から新発田へ。開始1時間前ぐらいに会場に行くと待っているヲタがちらほら。ほどなくメンバーもタクシーでやってきて会場の市役所の構造からしてお手洗いに行くところとかも待機列から見れちゃう感じでした。

昨年は知らないんですが昨年からの運用から変更があるらしく、先にスタッフに買う米とじゃがいもの個数を申告してランダムでメンバーの名前の頭文字のスタンプが押してある引換券をもらって、その券を持ってメンバーのところで行く方式。早々に並んで運用もふわっとしている1巡で清司麗菜さんから受け取れて軽く会話もできた感じで満足して、ループせずに会場をあとに。

 

11/12(日)NGT48 3期研究生「PARTYが始まるよ」公演 @ NGT48劇場

新井りりの・磯部瑠紅・北村優羽・木本優菜・水津菜月・杉本萌・鈴木凛々花・南川遥香

この公演恒例の開演前の3期ミニ劇場は公演初日から1周年の前日ということで、この日の出演メンバー全メンバー出演する特別編で以心伝心ゲーム(と言う名の思い出クイズ)。やっぱりMCに全振りの公演なんですが、鈴木凛々花さんの爆弾の落とし方が絶妙なのと、南川遥香さんのおもしろキャラとしてやっていく覚悟に感心したところ。ということで、この公演は最前で見れてしまったんですが、北村優羽さんにひたすらロックオンされてなんだか申し訳ないし、可愛いしという感じでした。

 

 

11/12(日)NGT48 3期研究生「PARTYが始まるよ」公演 ~杉本萌 生誕祭~ @ NGT48劇場

新井りりの・磯部瑠紅・北村優羽・木本優菜・水津菜月・杉本萌・鈴木凛々花・南川遥香

例によって当日の朝まで当日券があったので買ってみたわけですが、この日は柱の陰の立見席ということで、この週末の4公演で一番入っている公演でした。研究生公演は正規公演より1000円安い3800円のところ生誕祭は正規メンバーと同じ6800円だったりするんですが、4ヶ月遅れの初めての生誕祭は人気なんでしょうね。

3期ミニ劇場では電子ドラムが用意され、杉本萌さんの特技のドラムでGIVE ME FIVE!を歌いながら披露。配信なしの生誕祭パート、研究生はカラオケでなく本人がリクエストした楽曲を全員で披露するらしく「世界の人へ」「ポンコツな君が好きだ」「ポニーテールとシュシュ」を披露。どれもイベントで本人がセンターで披露した曲とのこと。柔和な感じと食へのこだわりの強さ、MCではどんなテーマでも食べ物の話をしてしまい頭を抱えてたりするところがキュートな杉本萌さんの魅力がビンビン伝わる生誕祭でした。

 

11/13(月)SKE48 チームKII「時間がない」公演 @ SKE48劇場

青木詩織・青木莉樺・伊藤実希・入内嶋涼・江籠裕奈・太田彩夏・川嶋美晴・北野瑠華鈴木愛菜・中野愛理・西井美桜・藤本冬香・水野愛理・大村杏・篠原京香・森本くるみ

各公演ローテーションで見てる気がするので次は時間がない公演だろうということで入りました。ものすごくテンポが良く進んでいって、終演タイミングで時計見たら95分。チームE公演より15分ぐらい短い気がするんですが、いい曲ばっかだから満足です。あと、MCで相変わらず仕事ない話で盛り上がってたのが相変わらずちょっと心配になりました。

 

11/18(土)NMB48 チームM「Mのサイン」公演 @ NMB48劇場

池帆乃香・鵜野みずき・貞野遥香・隅野和奏・前田令子・松野美桜・眞鍋杏樹・和田海佑・田中美空・西由真

新公演の2回目の公演。初日から上西怜・早川夢菜・原かれん・山本望叶outで鵜野みずき・松野美桜inで初出演、田中美空・西由真初アンダーということでした。

新セットリストは相変わらず既存曲を集めたセットリストなんですが、前半曲は新衣装で照明の演出も凝っていて見ごたえはありました。あの頃のAKBへの憧れを感じるセットリストで意外な曲もありつつ、一番盛り上がるところで「言い訳Maybe」がドロップされる感じ、問答無用感がすごいですね。

ポジション変更があって初センターと思われる隅野和奏さんの幕が開いた瞬間の全力笑顔、鵜野みずきさんは相変わらず超然とした存在感、前田令子さんの司令塔感、あと和田海佑さんの乗りに乗ってる感あたりが印象に残りました。

 

11/19(日)HKT48 チームH「目撃者」公演 @ HKT48劇場

荒巻美咲・石橋颯・市村愛里・伊藤優絵瑠・川平聖・栗原紗英・堺萌香・坂本りの・豊永阿紀渕上舞・最上奈那華・梁瀬鈴雅・山内祐奈・井澤美優・藤野心葉・森崎冴彩

前座:渋井美奈・北川陽彩・立花心良

夜公演の研究生公演と合わせて応募したら落選したんですが、当日10:30に若干枚出る当日券をなんとか買えたので見れました。この日は立ち見の一番後ろだったんですが、距離があるだけで思ったより見通しは良かったです。

この日は井澤美優さんが初出演。休養明け2公演目の渕上舞さんは相変わらずマイペースでした。ユニットシャッフル的なことはもう日常になっているらしく、「炎上路線」が坂本りの(りのちゃん)と豊永阿紀(あきちゃん)のオリジナルのオマージュなのはぐっと来た。「サボテンとゴールドラッシュ」メンバーのMCでは坂本りのさんの「井澤ちゃんはサボテン顔だよね」ってパンチラインがグッと来た。あとは楽屋番長の石橋颯さんのメンバーものまねで盛り上がった回でした。

 

11/19(日)TNCまつり2023「FOTFES」 @ 福岡タワー前広場

秋吉優花

テレビ局のイベントで秋吉優花さんが出てる音楽番組のフェスにHKT48も出演するんですが、HKT48の出番を待っていると劇場公演に間に合わないので、ライブの間のMCに出てきた秋吉優花さんをちらりと見ただけ。

 

11/19(日)HKT48研究生「希望のつぼみ」公演 @ HKT48劇場

生野莉奈・猪原絆愛・大内梨果・北川陽彩・渋井美奈・森崎冴彩・安井妃奈

当日券が残っている公演なんですが、実際は埋まっているのは前4列ぐらいでその後ろはソーシャルディスタンス公演っぽい埋め方。で、この日からカメコ席が導入されたんですが、PAブース前のところなので一切邪魔ではない感じでした。

セットリスト的には姉妹グループの曲もありつつ「根も葉もRumor」なんかも披露するパフォーマンスとしてはチャレンジングな感じ。曲が一部ワンハーフで短い公演になるところ、間に長めのMCコーナーが入るのは以前やっていたなないろ公演と同じパターンかと。この日はジェスチャーゲームをやってたんですが、中学生女子が昼休みにただはしゃいでるだけみたいなのが、HKT48の最初期のノリを思い出して懐かしくなりました。あと中学生たちを見守るお姉さんガンバレって気持ちにもなったりで。

あと、久しぶりにHKT48劇場に入ったんですが昼公演も夜公演もコールの熱を感じました。「恋の傾向と対策」の間奏のラストに「まさかどくーん」ってコール入るの、TIIの手をつなぎながら公演でもあったらしいんですが、希望のつぼみ公演だとちょっとびっくりするぐらい一体感のある感じで、さらに新しいコールも発明されているようで、そういう熱が一番ある劇場なのかもしれない気はしました。

 

11/21(火)SKE48 チームE「声出していこーぜ!!!」公演 @ SKE48劇場

相川暖花・浅井裕華・池田楓・井田玲音名鎌田菜月熊崎晴香・倉島杏実・斉藤真木子佐藤佳穂・澤田奏音・末永桜花・菅原茉椰・鈴木恋奈谷真理佳・林美澪・福士奈央

チームE公演のMC、先輩が9期生と10期生に話を回すシフトが引き続き継続していて、ちょっと先輩引きすぎなんじゃと思うぐらいの感じになってますね。この公演見るのは3回目なんですが、最初の「貴方へ」とラストの「あなたへ」の歌詞が同じというギミックは、ベタに感謝を歌う歌詞を改めて噛み締めて染みました。

 

11/25(土)NMB48 石田優美プロデュース「世代交代前夜」公演 @ NMB48劇場

青原優花・青原和花・板垣心和・衣笠彩実・渋谷紗雪・田中美空・西島梨央・芳賀礼・舟橋礼菜・古川雪乃

9期生、安定感のあるメンバーと研究生っぽい不安定さが残るメンバーが混在してきたな、という印象。何回か見てMCでの立ち位置も見えてきたんですが、地方組の皆さんを応援したくなってくる感じはありました。

 

11/26(日)GX.FES.2023~再エネで楽しもう。ライブ・お笑い・eスポーツ @ 境夢みなとターミナル

小田えりな・大盛真歩・千葉恵里・徳永羚海・山内瑞葵・鈴木くるみ・山根涼羽・武藤小麟

鳥取県の境港のイベントになぜかAKB48が呼ばれてなぜか強めのメンバーがやってきたイベント。特にテレ東の番組が絡んでるとかでもなく、ほんとにシンプルな営業仕事だったらしく。あと、別で鳥取県の仕事をやってた大場美奈さんのトークショーも。

2日前から並ぼうとしてた奴らがいたので急遽整理券が出たりするグダグダ仕切りだったんですが、当日の開演1時間前についても4列目に座れるぐらいの集客でした。AKB48のライブは撮影可能だったんですが直前に指定曲のみのアナウンスがあってカメコがざわついたり、そういうのを眺めるのも含めて往年のチーム8現場みたいだなってのはありました。

大場美奈さんのトークショーはすっかりプロ野球選手の妻感もあって、旦那の栄養管理は専門の人に任せているので自分はやってないとか、そんな話も。ちょうどトークショー中に会場内のラジオブースにAKBメンバーが登場してヲタクがどんどんはけていったのが残念。

AKBのステージは定番曲多めのセットだったんですが、チーム8鳥取県代表だった徳永羚海さんのソロコーナーもありつつ、センターも持ち回りで非選抜メンバーがフロントに出る機会も多く、安定感のあるステージだったように思います。司会のお姉さんとのMCでは「武藤さんは最近SDGs検定を取得されたそうで」「それ、姉なんです」というおもしろやり取りもあってニヤリとしてしまいました。

 

11/27(月)SKE48 トークトーク!!トーク!!! @ サンシャインサカエB1Fグランドキャニオン広場

松本慈子・浅井裕華・原優寧

どうやって優先エリアに入るのかはいまいちよく知らないのですが、ふらっと寄れば見れる現場。今回の3人は穏やかな感じの組み合わせ。このイベントファンからのお悩み相談コーナーもあるんですが、優先エリアに入るようなヲタは完全に顔見知りで、そういうやり取りをオープンスペースでやってる感じを外から見守るのもまた一興という感じですね。

 

 

2023年の現場数集計

 

公演       :71

コンサート    :51

イベント(有料) :9

イベント(無料) :7

舞台       :1

握手会      :29

 

合計       :168

 

 

グループごとの参加数

(複数グループ参加のイベントはそれぞれにカウント。

 海外グループはグラフ集計外)

 

AKB48  :28

SKE48  :59

NMB48  :29

HKT48  :16

NGT48  :18

STU48  :26

BNK48/CGM48:1

 

 

2023年48G楽曲 私的10選

昨年、なんとなくこんな記事(2022年48G楽曲 私的10選 - 言いたいことがないんだよ)を書いていたのですが、せっかくなんで今年も書いておきます。別に深い意味はありませんが、昨年に引き続きアイドル楽曲大賞の対象期間と同じく2022/12/1~2023/11/30までにCDもしくは配信でリリースされた楽曲から選んでみます。範囲はAKB48グループと現役メンバーが関わっている派生ユニットで、坂道シリーズとかその他秋元康楽曲は対象外です。

 

例によって私的10選ということで個人的にあまり好みではない秋元康プロデュースアイドルの王道の曲調のものは外しています。最近の傾向としていわゆる秋元康系アイドルの王道楽曲ってのが世界や日本のポップスの潮流と乖離して独立したジャンルとして確立しつつある気はしてます。この先5年とか10年とか経つとポップスと演歌みたいに全く別ジャンルって考えられるようになってるのではないかと。

 

あと、48グループ関連楽曲に限ると秋元康以外の作詞曲も増加も顕著。秋元康先生は48と坂道以外にも僕の見たかった青空とかWHITE SCORPIONなんかも始動してきっと忙しんでしょうし、書き下ろしオリジナル公演を始めたり派生ユニットを作るにはそうするしかないっていう消極的理由もあるんでしょうが、結果的には音楽的には豊かになったような気がします。

 

といったところで、非秋元康楽曲5曲と秋元康楽曲5曲をチョイスしてお届けしてみようと思います。

 

まずは非秋元康楽曲部門

 

異形のダンス / SKE48 TeamKII

SKE48の新公演第2段、TeamKII「時間がない」公演。初日は2022/12/11で公演CDリリースは2023/12/21ですが昨年対象外にしたので選びました。公演の目玉となるNight Tempoプロデュース曲が4曲のうち「ハートブレイカーズ」が48G楽曲では近年珍しく宇多丸さんのマブ論で取り上げられたりもしてたんですが、ここではアッパーな2step楽曲をチョイス。埋め込んだ公式動画からも分かる通り、低音が効いててSKE48劇場の音響では鳴りが微妙というのも革命的ではありました(回を重ねるごとに改善してますが)。土岐麻子作詞の歌詞はおそらく秋元康は書かなそうなテーマの社会派シリアス路線なのも良い。


 

ドント・ストップ・ミュージック / SKE48 TeamKII

TeamKII「時間がない」公演からNight Tempo楽曲以外でもう1曲。オーソドックなディスコ曲にのせて、mihimaruGTの「気分上々↑↑」を思わせる虚無パーティー感な歌詞が秋元康っぽくなくて良い。もう1曲のディスコ曲「いいね、それいいね」はズンドコ強めで甲乙つけがたし。


 

超・ワルプルギス / シャチフレ

SKE48メンバーによる派生ユニットのカミングフレーバーとスタダのTEAM SHACHIのコラボユニットの楽曲。コラボシングル「I's PRIDE」の表題曲はSKE48所属事務所ZEST側の布陣でこちらはスタダ布陣。遊び心のある楽曲はいかにもスタダといった感じで羨ましいんですが48Gしか聴けない呪いを自らに課しているのでこの曲を選ばないといけないのです。

 

 

誰しもいつかは止まる心臓を / SKE48 TeamE

SKE48のオリジナル新公演第3段、TeamEの新公演「声出していこーぜ!!!」からこの曲をチョイス。この公演の目玉となるヒャダインこと前山田健一作詞作曲の楽曲。ヒャダイン楽曲でいうと表題曲の「声出していこーぜ!!!」や「ぎゃぎゃぎゃわいい」がももクロ楽曲を思わせるおもちゃ箱をひっくり返したような楽曲なんですが、こういう末期SMAPを思わせるようなじわじわくるいい曲もあってよかった、という感じで。


 

真夜中の微熱 / UNLAME

秋元康楽曲のラストはAKB48メンバーと一般参加者で実施されたサバイバルオーディション番組OUT OF 48で選ばれたユニットから。このユニットは秋元康プロデュースではなく、ラストアイドル新章も手掛けるblowout代表の一ノ宮佑貴によるものだったりするんですが、楽曲を直接書くわけではなくあくまでプロデュースのみとのことらしいです。この楽曲はAAA「恋音と雨空」を手掛けた岡村洋佑の作詞作曲とのことで、Y2K R&Bリバイバルテイストが意外と良くない?という感じで


 

続いて、秋元康作詞楽曲部門

 

Enjoy無礼講! / りぷりっぷる(NMB48

去年はNMB48から1曲も選んでなかったのが心にチクリと残っていたので、アルバムNMB13からこの曲をチョイス。テクノポップ調でループ感のあるトラックがクセになる曲です。


 

寝たふり / AKB48 お料理選抜デザート部

シティポップっぽいグッと来る楽曲なんですが、MVがこんな感じなのがテレビ番組の企画でチーム対抗のコラボカフェ売上対決みたいなのがあってその優勝のスイーツ部のご褒美企画だからです。楽曲と歌詞が上がってくる前にMVの準備しないといけなかったんだろうな、という察してしまうところではあります。


 

Wonderland / AKB48 SURREAL

AKB48メンバーがメタバース空間で結成したユニットの楽曲ってことになっているんですが、メタバースはこれからはWHITE SCORPIONの領土になっていきそうだし、しれっとなかったコトにされそうなので拾っておきました。AKB48名義の曲にしてはヌケの良いダンスチューンだよなと。


 

100年経ったら Kiss me! / SKE48 TeamKII

1!2!3!4! ヨロシク!」から脈々と受け継がれるSKE48ディスコ曲が今年もありましたよ。というだけです。普通にいい曲。


 

Do the dance! / AKB48 17期18期研究生

タイトルからしてダンスな渋めのディスコ曲なんですが、研究生の初々しさもあってキッズ味もある絶妙な塩梅だと思います。


 

といったところで、完全に好みで10曲選んでみました。気になった曲はありましたでしょうか。今年はHKT48とNGT48とSTU48の楽曲が選外でしたが、リリースが少なくてかつ王道寄りだったということでご容赦を。この機会に全曲聴きたい方はYouTube Musicのプレイリスト作ってますのでそちらをどうぞ。